2012年5月31日木曜日

いつもの拘り

2012.5.27 コーヒーフィルターを新しくしたので、一枚撮ってみました。

珈琲の抽出方法はネル-ドリップ式で抽出するのが好みです。

1763年、フランスのドンマルティンがドリップ式ポットを発明し
その後、ヨーロッパ、アメリカで金網や布でこしてコーヒーを入れる時代が続きます。
珈琲を抽出する時の「したたりたらす」様子からドリップと言う呼び名がついたそうです。

ドリップのなかでも通好みと言われる ネルドリップ
使い込むほど布の目がコーヒーで詰まり抽出の速度や濃いさが変化するので味わい深いのです。

ネルフィルターは、管理が難しいと言われます。
新しいネルフイルターを使う場合には、鍋に湯を張りノリを落とす。
さらに、出がらしのコーヒー豆とともに鍋に投入し煮る。

コーヒーを抽出する時は、N人の人数+1杯のコーヒー豆を入れ、
少しの間、豆を湯で蒸らし、その後、湯を注ぎ抽出する。

抽出後の豆は水洗で流し、その後、フイルターは針金から外さず、水につけ
冷蔵庫内に保管する。保管する水は頻度よく入れ替える。これを怠ると、カビが生えてしまうので要注意。
コーヒーって抽出する時の技法、豆の引き方、さらには、焙煎方法など拘りの時間が楽しめ
ます。


お気に入りの珈琲抽出方法
カメラ機種名 Canon EOS Kiss X4
撮影日時 12/05/27 12:13:18
撮影モード 絞り優先AE
Tv(シャッター速度) 1/10
Av(絞り数値) 11.0
測光方式 評価測光
露出補正 -1
ISO感度 400
ISO感度自動設定 オフ
焦点距離 123.0mm
画質(圧縮率) RAW
ストロボ 非発光
FEロック オフ
ホワイトバランス オート
AFモード マニュアルフォーカス
測距エリア選択モード 任意選択
ピクチャースタイル 忠実設定
レンズ EF-S55-250mm f/4-5.6 IS

4 件のコメント:

conntry walker さんのコメント...

「あまなつ」さん、コーヒーに拘るのですね。自分も毎日10時頃1杯だけコーヒーを飲みますが全てインスタントでブラックです。ちなみにメーカーが変わっても味の違いが分からない味覚オンチなのです。

あすか さんのコメント...

私もコーヒーが好きで色々な方法で作りましたサイホン・ドリップ等々
でも今は普通の器具です。
コーヒーを毎日飲む人は長生きすると最近の新聞に出てましたよ。

あまなつ さんのコメント...

conntry walker さん
一日一度は必ずドリップで抽出した珈琲を頂きたいです
勤務中はほとんどインスタントです
conntry walker さんも一日1杯は珈琲飲まれるんですね

あまなつ さんのコメント...

あすか さん コメントありがとうございます
最近、サイホンの器具は激減したそうですね
若かれしころは、サイホンを持ちたくて仕方なかったのですけど最近は、器具を見つけることができないようですよ